FAQ

検収された物品はいつ手元に届きますか。
検収センターで検収完了後、速やかにご所属の学部資料室等にお届けします。
また、お届け時に、E-mailにてご連絡いたします。

印刷製本、切手、コピ-カ-ドは検収対象となりますか。
なりません。科研費等公的研究費の府省共通経費取扱区分表のうち、「物品費」に該当するもののみを検収対象としています。印刷製本、切手、コピーカードは「その他」費目に該当し、検収の対象となりません。

 検収窓口(学部資料室等)で検収可能な物品について教えてください。
 1個または1組の価格(税込)(バラ売りの場合は1個、セット販売は1組)が10,000円未満の場合検収が可能です。納品書1枚の合計ではありません。

 納品書別送のため納品書がありません。
 お急ぎの場合は、検収センターに未開封の納品物(現物)と「発注書控え等発注内容がわかるもの」をお持ちください。発注書を納品時の納品書に読み替えて検収を行います。

検収印のある証憑書類をなくしてしまいました。
後送された請求書に検収印を押してもらうことは可能でしょうか。
検収センターにて検収済の場合は、捺印された証憑の写しを保管しています。
所属キャンパスの検収センターへお問合せください。

大型機械等(サイズが大きい、重たい)のため、納品場所へ直接搬入したい。
検収センターの事務職員が納品に立ち会って検収することも可能です。
事前に検収センターへご連絡ください。

学部資料室等へ配送せず、検収センター留めにしてほしい。
各キャンパスの検収センターにご連絡ください。

在外研究中の物品検収について教えてください。
在外研究中のため海外の研究拠点で使用する物品類については、写真による検収を可とします。
①支払申請書及び証憑書類   ②写真データ(品名や品番、型番がわかる物品の写真)を、E-mailにて公的研究費の経理管理部局へ送付して下さい。

夏季一斉休業中急ぎで使用したい物品類があります。開封してもよいですか。
GW・夏季一斉休業・冬季一斉休業中に急ぎで使用する必要がある場合、出張先で購入・使用する必要がある場合に限り開封可とします。
①支払申請書及び証憑書類   ②写真データ(品名や品番、型番がわかる物品の写真)を、公的研究費の経理管理部局へ送付して下さい。